top of page

◎ジャンプ力を向上するトレーニングについて

競技スポーツでジャンプ力を強化するには、特定の筋群の強化が重要です。以下に、強化すべき主要な筋肉部位と、それらを鍛えるトレーニング方法を紹介します。


◆強化すべき筋肉部位

  1. 大腿四頭筋(太ももの前面)

  2. ハムストリングス(太ももの裏側)

  3. ふくらはぎの筋肉(下腿の筋肉)

  4. 臀筋(お尻の筋肉)

  5. コア筋群(腹筋や背筋など)

◆トレーニング方法

  1. スクワット

  • 大腿四頭筋と臀筋を鍛える。

  • 足を肩幅に開き、膝が足先を超えないように注意しながら腰を下ろす。

  1. ランジ

  • 大腿四頭筋、ハムストリングス、臀筋を強化。

  • 一歩前に踏み出し、前の膝は直角に、後ろの膝は床に近づける。

  1. デッドリフト

  • ハムストリングスと臀筋に効果的。

  • 腰を低くしてバーベルを持ち上げ、腰と太ももの力で立ち上がる。

  1. カーフレイズ

  • ふくらはぎの筋肉をターゲットにする。

  • 足のつま先立ちを行い、ふくらはぎの筋肉を収縮させる。

  1. プランク

  • コア筋群を強化。

  • 肘とつま先で体を支え、体を一直線に保つ。

  1. ボックスジャンプ

  • 爆発的な力を鍛える。

  • 低いボックスに向かってジャンプし、着地後すぐに元の位置に戻るなど。

  1. その他

これらのトレーニングは、ジャンプ力を向上させるために重要な筋肉を鍛えるのに役立ちます。トレーニングの際は、正しいフォームを維持し、怪我のリスクを減らすために適切なウォームアップとクールダウンを行うことが重要です。また、筋肉が適切に回復するために、十分な休息と栄養が必要です。





閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page